人口が減るのは、LGBT等セクマイのせいではない

日本人のマジョリティがそもそも、子を生さなくなっているし、性交渉をしなくなってきている。

子を生せないような社会を、日本国が自ら造り、維持している。

また、人を国家の家畜として使い棄てる国家主義(国家の方が人より偉い思想)で、日本国は動いている。だから、こんなの、誰も我が子を不幸にしたくはない。子を生すことは悪、虐待である。

住環境を汚染し、衣食住を汚染し、食べ物からなにから異常になってかなり経って、日本人の発想は凝り固まり愚かになり、日本人の体質は狂った。

それで、元気な子を生すどころか、自身も病気である。

で?

ボケ老人会の自民党が認知症の入ったことを日常的に喧伝している。それを支持するのも認知症であったり、その既得権益のコバンザメである。

アメリカ産のドナルドもボケ老人だし。

既得権益者のもの盗られ妄想かなんかなのだろうなあ。

こちとら、ないんだけどな、始めから。失う以前に与えられなかったんだ。

養子をとり、移住者を迎えることが必須な時代

人口は減らさねばならない。我が子を生まず、よそで生まれてしまった人を養子に迎えて幸福にせねばならない時代に、すでに来ている。

世界に目を向ければ、多くの人が紛争に巻き込まれたり飢餓に苦しんだりしている。彼らに与えるのが当然のことで、その当然のことをやりたがらず自分のことさえよければいいのが日本人。

日本国政府が、彼らを拒絶し排斥し、あるいは労働力として使い棄てにする。そして、日本人は全部政府が勝手にやっていることにして、自分は無関心。知らなければ罪悪の自覚はない。

アラブからヨーロッパに逃げ込む若者らにせよ、メキシコの境を越えてUSAに逃げ込んできた若者にせよ、そういう例が世界中にある。

日本人は、そういう若者を救う気はない。自分のことさえよければいいのが日本人である。

自らの子を生さず、養子を迎える人こそが、善である。

性交渉をしない、する気がなくなってきた、また、不妊になったというのは、自然道理の帰結。なぜならば、人が多すぎるから。これ以上殖やすなという、天からの達しなのである。天啓。