宣伝内の大坂なおみの肌色がおかしい件

大坂なおみはハーフで肌の色が濃いのに、スポンサーの宣伝では色が違う件。日清が謝罪。

One of Naomi Osaka’s sponsors has been forced to apologise after depicting the Japanese tennis star, who is half-Haitian, with pale skin in an advertisement.

Naomi Osaka sponsor apologises for ‘whitewashing’ tennis star in ad” (The Guardian)

世の中から白人以外の存在感を消し去る「ホワイトウォッシュ」ではないかとの批判がされているようだ。

厳密に言ったら、「日本人は黄色人種」という偏見であり、いわば「イエローウォッシュ」なのだ。

現実には決してそうではない。日本国籍を有する人=「日本人」であるが、「日本人」は肌の色もみな異なれば、黄色人種だけでもない

日本人は気が狂っているのでしょう。日本人は自分の尊厳も潰す自虐なのでしょうね。国家社会至上の全体主義封建国家だから、現実を否定するのですよね。

実際、これ見て、大坂なおみ、別人にされてしまっているでしょ。どう見ても。